M-1グランプリ2020

インディアンス美しかったなあ。ネタとアドリブをシームレスに行き交って一挙手一投足が喜びに溢れてて、今年のM-1いきなり「シーズン1 インディアンス編完結」だったと思う。あれもう優勝よ。なんてM-1を勝手に1話完結制にしかけた私だ。今年は配信のおかげで初めて準決勝を通しで見て、物凄く楽しかった反面決勝の楽しみをつまみ食いしてしまったのではという気分になったのだけど、杞憂でした。他人の子供とプロの漫才、ずんずん背伸びる。ニューヨークもそう。聞くたび顔くちゃくちゃにさせられた*1 チョウチョ潰すくだりがどうしようもない犬の糞に転生してたのシンプルに格好よかった。汚れたカード沢山持ってる。屋敷がリベンジを口にし続けてたのは本心でもありながら、言質という名の棒きれを相手の脛に打ち続ける逞しさでもあったよなと思って笑う。嶋佐がちょっとトチったところこっちの心臓ギッてなったよ。嶋佐の心臓は踏ん張ってくれ、とか変なこと思ってました。それにしても審査員評価への芸人さんらの返しどんどん頼もしくなっていきますね、なんて思っていたら、オズワルドのところで一休さんみたいになって変な笑い声出た。アドバイスも変異種出てきたというか。だから全員無表情になれって話だ。ならんでいいって話だ。オズワルドこそ私、準決勝でこのネタ見たとき完全体としか思えなかった。あーもう見てしまった、決勝では初めてで見られない、て少し悔やんだほどである。今年とても演者力の強い戦いで*2、その中でも5位の2組の筋書きが冴えていたこと覚えておきたい。オズワルドどんどん来てくれ行ってくれ。演者力の権化マヂカルラブリー、ぜんぶ画が見えてて作っているんだろうなとせり上がってきた姿見て思う*3。吊り革もいいけど高級レストランも大好きだ。準決で吊り革見たとき「あれ、これ漫才でいいのかな」は私も思ったことで、でも今日はレストランでワンステップ上ってあの電車にもスッと乗れた。あんなんで色気ビシビシだったな野田クリスタル。村上が放送告知の煽りVで「いいっすよね、優勝して終わった人」てボヤいてたのも思い出す。ここまでほぼ東京吉本勢のことしか書いてないの、読み返して我ながらちょっと驚きます。エンディング、別の組に投票していながらマヂラブに「よかった、思った人になって!」てけろっと言ってのける上沼恵美子は本領の輝きだった。M-1今年も面白い。

*1:そこが良いのだけど。

*2:小田さんもたけるも何度でも待ち構えてしまったし、盛山さん何言っても面白くて格好いいほどだったし、翌日ついついレーズンパン口ずさむ身体になってるし、井口さんはタイタンの秘技ビー玉アイを四方八方に放っていた。

*3:あれ正面からのショットも見たいですよね。