『キレイ 神様と待ち合わせした女』

平日昼間の回を観にいくことにしたのはそこしか取れなかったから。先行抽選諸々落として、一般発売にてようやく入手しました。でもめちゃめちゃ前方のいい席だった。怯えて大阪公演も1回分取ってしまいましたよ。それはそれで行きます。
2度見ることにしといてよかったなと思うのは、新しい公演として見るたびに強烈な物語で、消化に時間がかかることを知るからだ。ミュージカルとして堂々としてくるほどにそうなのかもしれません。今やそこを通り越して奇妙にふざけた時間も現れていて、笑ってしまう。松尾スズキがこの劇場の芸術監督となってなお「ケガレのテーマ」のサビで舞台上の皆がキリリと前を見据えて歌う様には大人計画の狼煙を感じてしまいます。神木隆之介のハリコナは優越感を躍らせる様子が抜群に似合っていて、その感情であの歌に入っていくのでああ役者の歌っていいなと思いました。小池徹平が思った以上にパワーヒッターで大変に頼もしかった。なお今日は収録日でして、だからかカーテンコールに芸術監督が登場しました。オケピを思うままに操っていた。神木隆之介が真似してみてもスンとも音出してもらえてなかった。