『上にいきたくないデパート』

日本橋三越内の三越劇場へ。今月、シアタークリエに新国立劇場、そしてこの三越劇場と、普段行きつけない劇場に足を運びました。クリエにはブルゾンちえみ、新国立にはラブレターズ、そして三越劇場には今野浩喜が参加していた。最後のは参加してるどころか主演です。そして千秋楽でした。
老舗デパートとは縁の薄い私でも、三越本店をくぐって即デパートを舞台にした話を見るのはとてもイメージが湧いて良い。舞台美術も、限られた空間と要素で複数の売場をギュッと表現していていいなーと思いました。デパート社員チーム、アパレルチーム、美容部チームそれぞれが職場の空気を一発で伝えていたのもキュート。今野浩喜コンシェルジュスタイルを着こなしベタな注文にもスマートに応えていて、時にモロ師岡も超えかねない安定感でした。モロ&今野のシーンもっとゴリゴリ見てみたかった気もします。中心になる登場人物たちがわりと感情抑えめの人たちだったこともあってなのか、或いはCalmeraの生演奏が入る効果なのか、観ている最中に「ここはもういっそ歌っちゃえば、歌で言っちゃえばいいのではないか」という気持ちになることが何回かありました。ミュージカル派でもないのにそんなに歌を求める気分になるの初めてで、自分の欲がこういう風に出ることもあるのかとそのこと自体が面白かったです。