RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2015

昨日昼過ぎの便で東京に戻ってきて*1、思い出と肉体を寝かせてたらもう月曜。石狩の日々が夢のようです。日々、と書きましたが今年は2日目のみの参加でした。クリープハイプで空模様と同様にテンション高すぎずの幕開け。高すぎずしかし尾崎世界観が、サンステージに呼ばれた嬉しさを彼なりの言い方で言っていて*2、フェスでおっさんばっか観てるとなかなか気づけないけど、そうかこうして階段のぼっていくという意味合いもこの場所にはあるんだなと思う。大トリの10-FEETもそう。ライジングの夜明けの雰囲気に自分らぜんぜん合ってないと茶化しながら始めといて、後で凄く凄く嬉しいって言っていた*3。そんな高い声の兄ちゃん達ではさんで、今年も元気なおっさん沢山観ました。怒髪天めちゃくちゃよかったなあ。何せ出囃子になぞのフラワーカンパニーズ応援歌である*4。その次アストロ球団である。自前の曲も夏アレンジで沸かせ、カバー演らせりゃSCOOBIE DO*5松田聖子*6である。労働者の自覚蘇って涙するしビール教に入信しかかる、圧倒的なステージングでした。一番優しくて一番力強い。私の中では金メダルです。そのあと聖飢魔II*7を通って安全地帯へ。いま何年なんだ。2015年です。2015年だからなのか、安全地帯が始まっているはずのステージではDJがリミックスを流し続ける。多様なスリルが我々の心を襲う*8。やがて登場した玉置浩二スターウォーズに出てきそうな風貌で、声はやはりめちゃくちゃよくて、ステージにはやはり奥様が居て、なんとC.C.ガールズが再結成されたことが玉置浩二の口から伝えられて、それが唯一の確かな情報でした。その他の全ては全身を研ぎ澄ませて感じ取るしかなかった。終始わくわくしたしいろんなことを口走った。「悲しみにさよなら」でサビのたび奥様がスクリーンに映し出されるので、歌が皆の手を離れて歌い手に戻っていくということもあるんだなと、切なくも面白くこの出来事に心を委ねた*9。安全地帯の曲に限らず*10名曲何曲も聴けて幸せだった。15分余らせて終わるところまで我々を愕然とさせる。眉毛も吹き飛ぶ爆風のような伝説的パフォーマンスを観たあと、我に返った私が思うことはひとつだった。そしてその思いは遂げられましたんで、有難うございます*11。ビッグネームの襲来は民生の部屋にも押し寄せておりまして、部屋を訪ねてくるゲストとのコラボという趣旨だと思っていたのですが、Perfume*12に続いてやってきた松崎しげるはなぞのオクダタミオ賛歌を歌い出し*13、続けてビートルズを歌い出し*14、ようやく本日のオファー内容であろうところの「愛のメモリー」に至る*15もソレは一人で歌うという。勢いに吹き飛ばされたのかOTは部屋風セットの外に立って聴いていた*16しげるショック*17の後に現れたトータス松本にはOTもそして私たちも全開で甘えていたと思う。ほんと素敵な曲演ってくれた。ひとりになってからのOTもよかったです*18。今年も彼の声が聴けてよかったし、おかげで夜の間ずっと雨が降らなかった*19。そのあと峯田和伸ひとりの銀杏BOYZに行った。峯田は「BABY BABY」で大合唱になった客のコーラスに全くなっちゃいないとプリプリ怒ってみせて、客を笑わせていた*20。ユーモアがあることが嬉しいし、前半の切実な様子のMCにもそんなサービス精神はたぶん織り込まれているのだと思う。彼のお陰で残りの短い夜を寒がらず過ごせた。お昼から夜明けまで、愛と平和と大きな声で言えないことを叫んで元気よくふざけて、ソレが現実にあったのだから暫く夢見なくてもいいやね。また遊びにいかせておくれ、オトナの桁外れを見せておくれエゾロック

*1:偶然にも怒髪天の皆様と一緒に。

*2:そして空には晴れ間も見えてくるという。

*3:そんな思い入れでもって最後の曲までやり遂げた末、朝日見える気のしない曇天に向かって叫んだTAKUMAの「なんでやねん!」で今年のエゾロックは幕を閉じました。ところでライジング、最近はラサロって呼び方もあるんですね。なんじゃそりゃと思ったけど音の響きになんかすごくエゾ地っぽさある。

*4:今年の武道館に向けて。本日1曲目のなぞの歌。いつ作ったのだろう、感激しました。

*5:「夕焼けのメロディー」、まもなくの野音を応援して。この日直前にやってたスクービーに間に合わずほとんど聴けなかったのもあって嬉しかった。

*6:「そのうち怒られる」と言いながら「夏の扉」を。すっげえ楽しかった。締めは「扉、開けろォォ!!」ていう恫喝シャウトでした。

*7:閣下のトークのこなれよう、聞いちゃいたけど舌を巻く。あらゆるものに立て板に水で「世を偲ぶ仮の」を付与する軽やかさ。そして他の構成員の喋らなさ。

*8:あと何故か強烈な照明が上手レジャーシートスペースに居る我々の目を狙う。

*9:スクリーンの演出はアーティスト側の指示なのか運営側の判断なのか、想像してまたわくわくした。

*10:安全地帯は2曲で終わって、そのあと玉置浩二だけ出てきて「田園」と「夏の終わりのハーモニー」演ったのです。

*11グループ魂の件です。もうだいぶ長くなってるんで割愛。またのちのちに。

*12:3人とも素の声で歌ってるの可愛い声だった。そのあと登場した松崎しげるが「ウェーカーップ!カモーン!」と呼びかけてたらあ~ちゃんが「何を言ってるんですか?」とか聞いてて素敵なコミュニケーションでした。

*13:本日2曲目のなぞの歌。たぶん即興です。

*14:よかったです。OTも参加。

*15:勿論よかったです。クセありつつもやりすぎないあたりの加減がまた。

*16:1番のサビにはセット内まで前進していた。2番からはセットの窓の外から見守り芸をなさっていた。正直1番でもアテ振りを始めそうな気配ちょっとあった。

*17:バックステージでしげるの存在によそのアーティストも皆驚いていたとのことで、お客さんにバラしちゃだめだよとどうやって伝えたのかしらとふと思い、「シークレットです」というたすきをかけたしげるを勝手に想像しました。

*18:タイムテーブルでこの後余裕があるのを知っているのでちょっと時間オーバーして演った。この王様ぶりよ。喋ってる途中でほかのステージから聞こえてくる音に「うるせえな!」とか言っていた。王様のサービス精神。

*19:前日自分たちの時間帯だけ雨が降ったと気にしていたけど、私としてはその時間を雨の神に捧げることでこの程度におさめたのだと解釈しています。

*20:それでもう一回やらされたんだけど、2回目のも結局褒めたりせずノーコメントで次の曲に行ったのがなおよかった。