日本総合悲劇協会『不倫探偵』

大人計画の芝居を本多劇場で観るのいつ以来か。『ウェルカム・ニッポン』以来なのか。大人計画のサイト見て驚く。端っこの席で前の席に収録用カメラが入ってて、実際座ってみて視界には全然影響なかったんだけど、始まる10分前くらいか、同じ列の真ん中の方の席に替えましょうかって言ってきてくれた。長坂社長が。社長! 感激しながら有難く替えていただく。開演まで暫し劇団の心遣いにうち震えました。

見始めてからずっと、私の心はつやつやになっていた。今もまだ結構してる。不倫探偵・罪十郎であるところの松尾スズキが、髭のない白い顔で居て、映像でしか見たことのないヤングセクシー松尾が蘇ったかと思いました。しかもこの出ずっぱり主演。堪らぬいや堪らぬよ。東京公演は今日で折り返しだそうでまだまだ先は長い。今日は冒頭で名乗りを派手に誤っておられ、個人的には昨日の爆笑問題に続いて序盤に崩れる様を見届けるという、なんかよからぬ気をすみません。けどそんなの屁でもなかったね。物語の出だしを大きく牽引する平岩紙の関西性、存分に堪能した。指さしながら人を呼びたいほどに、彼女ド真ん中で輝いていたわ。近藤公園と奏でる茶番のハーモニーはもはや安心と信頼の域。アハハハハッてな具合です。大人計画劇団員の盤石ぶりは今回もあらゆる場面で見られた。マジで比喩でなく、どんなに角度ないところからでもクリティカルヒット撃ちにいける奴しかいない。村杉蝉之介の表情芸、伊勢志摩のハードな女、そして皆川猿時の、何でしょうアレは。台詞で明らかにされる前に彼の芝居で伝わってくるものがあって私あんな役のこんな話でありながらちょっと泣きそうにすらなってしまったよ。皆川猿時。すげー華あるしいい芝居する。何つうの、正直見始めた頃ここまでだと思ってない感じから始まってるからここ数年、未だに貴方との相対し方の急激な変化に戸惑っているんだぜ。「やだ、なんとも思ってなかったはずなのに…私もしかしてあの人のこと…!」的なやつ、あるぜ*1。そして最後のほう、不倫探偵が最後のアレするシーンでは、これまた何つうか劇団員たちの忠誠が感じられてカッコイイのでした*2二階堂ふみは期待を裏切らない小悪魔タンでした。こちらに語りかけるくだりホントどうかしてる*3片桐はいりが最初の方で言う台詞でいいなと思ったのがあって、そしたらラストにかんでくるやつだった。ナー格好いい。片桐はいりの役は片桐はいりならではの格好いいやつなのです。ナーもう。たのしいおふざけについつい脳を委ね過ぎて、途中から謎の正体が見え始めたときに「ハッそうだ、あっちだ!」てなった。哀しみとロマンとおしゃれがあったよね。吹雪と蒸気と液体と虹と光もあったよね。ありがとう大人計画。ありがとう天久聖一

*1:厳密には流石に何とも思ってなかあないので、元々いいなと思ってるのを大幅に超えてくるようなプレーを見せてもらってるってことです。

*2:劇団員関連では他に、着ぐるみの彼らが現れた瞬間に「わあ大人計画だあ」て思ってしまった私がいた。我ながらいかがなものかと思う。

*3:彼女がじゃなくて世界観がですよ。