キングオブコント2014

ドラマみたいな大会が今年もだ。シソンヌのコント見るの初めて*1で、1本目のおっさんのやつ見てたら途中から震えみたいな笑いが自分から漏れてきて「もうやだよー」とこぼしながら笑ってた*2。そこからぐるっと2時間半くらい回った最後の最後に威風堂々たる男と女の突っ走りコントキメてきた。中盤くらいでもうウイニングランに見えてしまったよ*3。だから実は最後までちゃんと見れてなかったんじゃないかって思ってしまうくらい。キングオブコントの優勝コントはほとんどいつも、そのコントやってる最中にもう熱狂が溢れ出してファアアーってなってしまう感がある。最後まで勝ち残ってたチョコレートプラネットの2本目ももう絶対的におもしろくって、宝物みたいだし発明家だなと思いました。ラバーガールが勝ち進まないの見るのはさびしかったけどいつも面白いからずっと見たい。それとラブレターズが1本目だけだったんだけど凄く凄くよくて、全く説明うまくできませんが私の生理や感覚に一番合っていて気持ちがよかった。痒いところに手が届く、なんてそんなおじいさんみたいな例えじゃなくてカッコよく言いたいのに。速度も角度も強度も明度も、注文してないのにそれだよってコントが来たんです。まあ好きだったってことです。だからもういったん有頂天でしたよね。うん。前回王者のかもめんたるが今舞台やってるつってナイロン100℃の名を口に出してくれてわあってなりました。もう今週いっぱいで東京公演終わってしまうんだな。

*1:集団コントでは観たことあった。男子はだまってなさいよ!で。

*2:「やだよー」はおっさんに対してです。

*3:そしてウイニングランという言葉と一緒に2010年のキングオブコメディのふたりが乗った教習車が頭の中を走った。あっちはバックしてたけど。