いだてん

何よりまず森山未來のあの仕掛けだと思う。若かりし志ん生の姿を知ってる私たちが何なら知らない登場人物たち以上に「えっえっちょっちょっ」てなる。静かで劇的で茶目っ気のある仕掛け。ドラマって楽しい。森山未來って楽しい。さて今回は第1回箱根駅伝のお話でして、四三さんは運営に回る。しかし誰よりも参加している。復路ゴールで待っている観客の前に真っ先に駆け込んできて、これから選手が来ますよ、てどういうこと。先週あたりから気になっていた体協の岸さんもよかったなあ。あんな画面のど真ん中に来ちゃうとは思ってなかったですけど。嘉納先生の笑顔もよくて、やはり圧倒的にハートの人なんだなと思う。体協の雰囲気、前の駅伝あたりから変わってきているのを感じます。皆オリンピックへの参加をいいものにしたいし、四三が頑張ってきたことも理解していると思う。そういうことを感じられると安心する。寧ろ思いの先走りそうになる嘉納先生をちょっと心配したりするくらいです。彼もあれからずっと四三の夢を一緒に生きているんだな。この物語を伝える志ん生一門がまたアットホームな職場でして、前夜から往路・復路と落語家たちが噺を繋いでいくという企画、しかもバトンタッチのタイミング大して決めてないという緩さ。サゲも決まってなくて最後サゲだけ師匠にやってもらうという甘さ。ただそんな中でも五りんが自分の考えたストーリーに余計なギャグ入れる師匠や兄弟子にイラついたり、タスキを使って駅伝の首位争いを演出したりと、表現者として発芽している。そして父親の情報がまたひとつ出てきましたよ。