M&O Playsプロデュース『クラッシャー女中』

去年のスクエアロミオ以来のM&O Playsプロデュース作品、違う角度でまたもやかわいい人揃い。根本宗子作・演出のお芝居を観るのは初めてです。
麻生久美子いい声だなー。終盤で出してくるあの子どもの頃の声とても良いです。『時効警察』を思い出すのは劇中で歌ったからだけでなくて、この温度を出してくるからってのもあるのだと思う。あと、彼女の喋る台詞が根本宗子の感じで聞こえてくるシーンもあって興味深かった。そもそも根本作品観るの初めてだし演者根本宗子も1回しか観ていないので、何をもってそんな風に思ったのか結構いい加減ですけど。中村倫也もいい声でした。終盤かなり長尺で切らさずに怒り続けるの大変だろうなと思う。たやすく綻びないところ流石です。このずるずるっと終わらない感覚最近観てなかったなあなんて変ななつかしさがありました。全体としても始まり方から終わり方からフツーにやらないぜというスタイルでした。他の作品ではまた違うこと試していたりするのだろうなと想像する。キャストの可愛らしさが手堅い中、趣里の演じるお嬢さんのクセの強さが途中からだんだん癖になってきて、こういうキャラクタでまた観たいなーと思ってしまったくらい。嘘みたいにニッて笑うところとかめちゃめちゃ面白いです。絶妙にソワソワしちゃう。