十二月大歌舞伎

夜の部です。「阿古屋」が凄いと聞いて、観てみたいと思って。玉三郎の回を観にいきました。
そしたら凄い作品ですね「阿古屋」。勿論阿古屋という役もとんでもなく凄くて拍手の手が足りないんだけど、岩永が人形のテイ*1だってのも面白くないですか。拷問の道具を持っ奴たちがわらわら大量に出てすぐいなくなるのも面白くないですか。重忠も重忠でちょっと面白いし。筆や演出に脂がのっていて、誰が作った芝居なんだろう。阿古屋という人の聡明さ、豊かさも伝わる。彼女の演奏にもうひとつ音が寄り添うときも、堂々たるソロのときも、びしびしに意味と思いが詰めてあると思う。全ては読み取れていないであろう私でもそう感じます。こりゃ面白い作品だ。そりゃ後世に残さんとだ。児太郎や梅枝はどんな風にやっているのだろう。藤の精の踊り愛らしかったです。「あんまと泥棒」は中車が水を得た魚というくらいに嬉々としてやってらして楽しかった。最後の権太郎のアレ、太鼓の音と相まってテンションぐいぐい上げてくれるの凄くいい。本当に楽しくなっちゃいました。今年は納涼歌舞伎に行かなかったなーなんて思ってたら最後の3ヶ月に毎月行けてしまったな。

*1:文楽由来なのを残してるとか。