ラブレターズのコントライブ『秋が終われば私もいない』

ハロウィン本番直前、軽トラも倒されるでおなじみ渋谷にラブレターズを観にいく。終演後、会場のユーロライブを出てそのままマークシティ側から駅に入ったら仮装の人もさほど多くなくスムーズに歩くことができた。
単発のライブでは恒例となっている60分の尺を、この日はクジ引きで60~70分の中のいずれかに決めてそれにぴったり合わせましょうという趣向。70分を引いて結果ショートして失敗しましたが、6本のコントはどれも楽しくどうかしていた。コミュニケーションもデスコミュニケーションも始まる瞬間には電流が走るものだなと、ラブレターズのコント観てると思います。犬のやつとか部活のやつとか、永遠にかみ合わないし、それはそれである種の慣れは生まれてゆく。人間てのはまったく底知れませんね。オチの電光石火ぶりも相変わらずのラブレターズ印で爽快でした。