阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』

『はたらくおとこ』以来の阿佐スパ、今回もクレジットのトップは中村まこと。あれから今公演までに劇団化したとのことで、色々変化を遂げているということなのだろう、ロビーで長塚圭史伊達暁がお出迎えのように立っていて「こんにちはー」と声をかけてくる。こちらとしては目を合わせられる訳もなく足早に通り過ぎて、なんかすみません。会いに行けるタイプのエンタテインメントに免疫がない。
静かな会話劇で立ち上がるところから、やがておじさんたちのコミカルな態度が加速をつけてゆく様、ファンタジックな匂いまで、長塚圭史作品らしさ、ひいては今の阿佐ヶ谷スパイダースらしさに溢れていたと思う。中村まこと演じる水谷は心を壊して少し狂っていて、だから基本的には彼がこの物語を翻弄に導いてくのだけど、その過程で彼もまた別の人の不条理や狂気に翻弄され驚きツッコんでいるのがとても面白かったです。不思議な力が明らかになるくだりでは、こんな思春期の少女か少年に与えられそうな力と音響効果がこのおじさんに、と思ってまた面白かったです。面白かったですし、そういう褪せない情緒を中村まことに見ているのだな長塚圭史は、とも思って楽しくなりました。妻は何者なのかとか、犬の花子はとか、そもそもとか、自分で解釈を考えていいこの感じも嫌いでない。ずっと一人で「ははーん」と言ってられるやつだ。