『ニンゲン御破算』

松尾スズキ×中村勘九郎*1で話題を呼んだ御破産が御破算になって帰ってきた。阿部サダヲが灰次から実之介へ、ちょっと前ならハリコナからダイズ丸へ、松尾スズキワークスの中で立ち位置を変えてゆくのを見ていくのが、思い入れのぶん不思議な感覚もありつつ、楽しい。
ほぼ忘れていると思ってたけど、始まるなり一つ一つの台詞が一言一句のレベルで物凄く聞き覚えあった。リズムや言い回しがここだけのものなんだろう。初演で宮藤官九郎が演じた河竹黙阿弥役は今回ノゾエ征爾で、そりゃそうかと思った。物書きの役は物書きにやらせる、してみると作家というのは相当その性質が身を包んでるタイプの職業なんだなと思う。阿部サダヲ中村勘三郎も作家の感じは確かにない。実之介が劇場を持ちたがるところは勘三郎だなあという感じが凄くするし、灰次とイノシシの件は阿部サダヲが演じればやってのけかねんようにと思う。その器を思い出しつつ、しかし今回はテレビ笑いのカルチャーがそこかしこに顔を出していて、初演の勘三郎が歌舞伎の空気を吸って育ったガセ之介なら、今見てる阿部サダヲのガセはテレビを食べて大きくなった男のソレだと思った。魔法を習った師匠が違う。堪りませんな。1幕ラストの名台詞、無限の空洞のような初演に対し再演は果てない壁に反響するようだった。岡田将生の灰次としてのバカさ、風貌とのギャップも相まって心から勿体なく思える良さがありました。粗暴な気質がぐっと出るときが何度かあって、またこういうの見せてほしいなと思う。喚いてる岡田将生いいと思うよ。多部未華子の器用さや平田敦子の大砲ぶりや、皆川猿時が登場するだけで客がもう笑ってる強さとか、家納ジュンコの声も素晴らしいし、とにかく不足なしの布陣でしたが、とりわけ今回黒太郎の荒川良々がとてもよくて嬉しくなった。荒川良々の持ち味をひとつ殺しながらやっていると見せかけて見ていくうち荒川良々の持ち味と黒太郎の持ち味が融合していくような感覚を覚えました。

*1:当時。