僕のヒーローアカデミア 18

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)
大きな代償を払って、死穢八斎会編完結。「未来は不確か」と「未来は約束されてる」ていう矛盾した二つの両方を都合よく信じていいことばかり期待してしまう私だ。失ってしまった現在に立ち尽くしてどんなに「過去しかない」と思えるときも、未来しかない。あと、カジキここで出てきた!てなりました。敵連合との闘いの前に割って入ってきた形になった治崎だけど、彼もまた彼なりの論理を持ってた。この作品の敵達はずっとそうだ。そして仮免講習、サーが願った通りユーモアに溢れる日々が紡がれていく。ケミィこんな子だったんですねーヤバ驚嘆。彼ら自身コミュニケーションが一筋縄でいかないタイプの人たちなので子ども相手に働きかける様はそれだけで興味深かったし、マイクとエンデヴァーの描き込み常に素晴らしいのニコニコしました。轟君の表情もよかった。飯田君今回もいい。応援イラストに兄弟で登場しててそこはちょっと泣きそうになりました。そしてカバーの折り返しにいるギャングオルカいやサカマタさんが放つ言葉に笑った。いいのか。いいんだな。いい事だ。次巻は文化祭だそうです。