おやすみ日本

レギュラー化記念の縮小体制スペシャル。ゲストのピエール瀧が子どもの謝恩会のため遅刻、そのため通常なら中盤で登場する歌ゲスト、サカナクション山口一郎が早々に出てきて歌も1曲歌ってくれた。友達の藤原ヒロシまで呼んでくれた。藤原ヒロシは結構気さくで、お悩み相談にものびのび答えてくれていた。山口一郎は山口一郎で、1時半頃アコースティックでがっつり歌った直後に恥ずかしさのあまり「だははは!」て笑って土下寝するチャーミングな人だった。そんな場においてピエール瀧は寧ろ落ち着いて時に頼もしくすら見えるのであった。遅刻してきたにもかかわらずです。「ラジオでよくない?」はほんとそう。わりかしコンパクトに終わってくださって、このくらいだと月イチつき合いやすい。エゾモモンガのフィラー映像、「ひょっこり」括りの映像だとことわってあるのに、顔を出したモモンガが飛ぶのに期待して「ああ〜」とか失望する帽子やメガネやロン毛のおじさん達であった。