『わたしが悲しくないのはあなたが遠いから』

フェスティバル/トーキョー参加作品、ままごと・柴幸男の作・演出。そこへの期待もありつつ、2作の同時上演てやつで、そういう仕掛けだけでもちょっと観にいきたくなってしまう訳です。マチネでイースト、ソワレでウエストを拝見しました。入り口にゲートとか作ってあってとても楽しい。フェスティバル感ある。

1本目を観ていて途中で「あっそういうこと?」てなり、2本目冒頭で「ですよね」てなる。そのくらい対になってるやつでした。いろいろ置き換えてみたくなるけど、あまり概念に思いを行かせすぎたくない気持ちもある。登場人物の気持ちとして捕まえときたいというか。でもこういう形で2本見るから普遍化というか、そうなるようにしてるんだよな。2本観ることで繰り返しのうちに思い当たることもあったので、私個人は2つ観てよかった。勿論1本でもいいのだと思う。キャスト皆さんとても魅力的だった。こっちにいるトウコとセイコ、行っちゃうセイコとトウコ、それぞれの側で魅力が作られてる。端田新菜の言葉が音楽に乗るとああままごと節だー、て気持ちになった。何らかの2ヶ国語で見てみたくもなるな。あとタイトルが凄く反発性素材というか、また頭の中でこねくりたくさせますね、見たあと。