氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ,ロックンロールチョモランマ~

いや寧ろ風雲マシマシ、秋雨前線チョモランマですやろがい。午前午後みっちり通しのレイニーブルー抱いて、それでも無事開催の万博2日目に行ってまいりました。入場間に合わなくてオープニングアクトの「北酒場」に慌てて駆け込んでのスタート。レイザーラモンRGことこぶしたかし、「たかしが雨を止ませました!」て堂々の開会宣言。ふざけろ全然止んでねえぞ。そうやってその後もステージの向こうとこっち、天気図踏みつけて無いはずの希望を握りしめ、それを皆で笑うようにして日を暮らしました。ステージには屋根あるけどYASSAIステージのせり出したところに皆飛び出してきてくれる。ゴールデンボンバーは水着*1で、ユニコーンは戻る道「長いぞ」て言いながら*2ユニコーンのっけからOTのシャウト聞けて嬉しかった。精神的には青空が見えたよ。「SAMURAI5」も嬉しかったな。ABEDONが氣志團の師匠なのわかるなって勝手に思いました。そして歌ってないときのOTはツッコミのお仕事をしてました。奥田民生になりたいボーイとユニコーンになりたいボーイズ*3はまたちょっと目指すとこ違うのかもしれない。さて、ボケツッコミがユニコーンなら猿芝居担当はKICK THE CAN CREW*4でした。一昨年VIVA LA ROCKで見たときそんなんなかった気がするので氣志團万博に合わせたのか、でも3人にはお約束の空気あったのでもともとやってたやつなのか。新曲お届けいただいてすげー嬉しい。声出てる、ってヒップホップの人に言うホメ言葉じゃないかもだけど出てて嬉しい。アガる曲連打から雨の中の「sayonara sayonara」も効きました。いいパフォーマンス見るたび「満足した、帰ろっかな」って気持ちにもなる今日のこのアンビバレントなコンディション。を、薙ぎ払う格好よさだったのが今年のグレートモンスター枠にして氣志團の隠れファン*5山下達郎ですよ。初の氣志團万博での一曲目、夜露死苦とばかりに歌い上げた「ハイティーン・ブギ」にまずもう痺れた。細目でニコニコと仰った「雨風台風、なんぼのもんじゃい」「そんなもんが怖くてライブやってられますかって話です」「セットリスト変えました、バラードやりません」、カッコイイて声に出して言うてしまいました。グルーブとポップに満ちたメドレーで、雨浸し8時間半の身体がリセットされるどころか強くなったわと勘違いするくらい蘇った。「アトムの子」だ!てなったし「硝子の少年」で私の周りの客大合唱だったし「アンパンマンのマーチ」に微笑んだ。全世代射程圏内。ステージの上を見つめる人だかりでしかないと思ってた自分たちのこと、ステージの上の人もこんなに見てたんだって震えましたよ。ポップの達人からポップの仙豆貰って向かったMOSSAIステージ、しかし岡崎体育登場直前にグーで殴りつけるような大粒の雨。即帰ってくるダメージ。最低よ岡崎君。そんな気持ちになりながら、それでもこの日のためのバースも用意してバキバキに踊ってくれた岡崎体育に笑顔になり、そのあとヘッドバンギングさせられて一生を終えました。嘘です。嘘ですけどゼロになって帰ってきましたよ。帰って風呂浴びて、テレビもラジオも付けずに無音に暫し浸ってから寝ました。ありがとう氣志團万博、今年も儲けた気持ちで一杯です。何年に一人の逸材って言葉あるけど、天才とかスターとか何人だって今ここにいてくれていい。

*1:樽美酒以外女性用。「寒い」「寒い」て口走ってて哀愁がよく似合っていた。

*2:次の歌い出しに間に合わない。あと出てった先には返しのスピーカーがないので、イヤモニ使ってないOTがあれってなってました。

*3:煽りVで綾小路翔が発したフレーズ。そうそうピーナッツ風ユニコーンのイラストもめちゃよかった。

*4:煽りVでは氣志團と同期、同期の中ではKICKとRIP SLYMEがドラフト1位組、桑田と清原、つってた。ちなみにKICKに桑田、RIPに清原の文字が振られていました。

*5:去年一番聴いたシングルは間違いなく氣志團の「幸せにしかしねーから」でした、と本人が証言。