下北沢ダイハード

第4話、喜安浩平脚本。このドラマの見方がようやくわかってきた感じする。ダイ気味にハードなシチュエーションからスタートのやつの見方が。そこからの回転着地をごろうじろってな話なのだ。当たり前のことをさも有難みあるように書いてますが個人的に腹に落ちたんで。喜安浩平の回転着地はその間に何層も感情があって、静かな葛藤も瞬発わき上がる感情も見えて、とても楽しかった。カッコイイな喜安浩平