ナカゴー『ていで』

今年3発目のナカゴー。本公演と銘打たれたものは今回が初めてだけど、にしても頻度凄い。浅草九劇を訪れるのは2度目。劇場に足を踏み入れた瞬間からワッてなった。
コレは聞かせていいってことでやってるんだよなと思いながら開演に至ると、また別の形で改めてのやつを丁寧にくらわされ、成程ソレはこれから味わう総合的なものに比べれば大した問題ではないのだということになる。何なのかわかっていて、どんななのかを見る。どんなだったかといえばそこはもうナカゴーらしく強烈で、けどとても繊細な面も時折見え隠れするのが面白かった。その繊細は斬新なものではない、世の中によくあるものだけど、だからこそ繊細だと思えるというか、普段の心で「あっこの人やさしいな」とか思えるというか。ナカゴーメンバーの腕力にあの佇まいで相対する金山寿甲がとてもよかった。あの人は幾つぐらいで何をしてきた人なんだろうと思わせる興味深さがありました。なので東葛スポーツ気になってきたし、折込みチラシを見ればほりぶんの次回公演もあるではないか。