名古屋平成中村座

名古屋城本丸御殿の新しさに動揺したりしつつ昼の部へ。わりと最近復元したんですってね。おもてなし武将隊が夜の『ブラタモリ』の告知をなさっていました。
演目は「壽曽我対面」「封印切」「お祭り」。どれも楽しく作られてて見やすく愉快でした。二階席でしたが勘九郎の頼もしさビシビシ届いてきたよ。「お祭り」で冒頭ひと踊りしたのち、客席から飛んだ「待ってました!」の声に「待ってました、とは嬉しいねえ」て悠々と応じたの格好よかった。小さなお子さんの叫んだ「なかむらやあ!」には破顔。そこからまたキリリと踊るその姿。今日の貴方も捨てるところがない。あんな楽しさでもって昼の部を〆てもらって本当に幸せだ。「封印切」の八右衛門なんかも見ていて思うのは、例えば彼自身がああいう人格かというとそんなことなかろうに、あの小憎たらしくも憎みきれない、ろくでもなくてのびやかなキャラクターを、舞台上で実に鮮やかに召喚するもんだなあということ。いい役者さんなんだ。結局ソレに尽きるのか。1本目の小林殿もあの場をぐっと生き生きしたものにしたよねえ。1本目、「壽曽我対面」は兄弟の対比やら後ろの所謂モブ軍団のノリも面白くてそういうとこもよかったです。七之助の美しさも終始堪能しました。「チューサアアーン!」はもう笑っちゃうほど可愛かった。なにあの子。