フロム・ニューヨーク『そろそろセカンドバッグ』

OFF・OFFシアターで3年目のフロム・ニューヨーク。恒例、次回公演のお知らせもあり、2月に隣の駅前劇場で催すとのこと。今度はこれまでのようなオムニバス形式ではなく1本のやつを、それも客演交えて演る予定だとブルー&スカイは言った。わあ。
とはいえ現行のトリオ・ザ・オムニバスコントのスタイルも愛着があります。登場人物「イチさん、たかし、ブルーさん」の3人に既になじみがある。危険のないよう一定の距離を取った上で一挙手一投足を嬉しく見ています*1。今回のコントは「アリバイ」「お見舞い」「父と息子」「規則」「死闘」の5本*2。前々回公演ではコントのタイトルに「妹風呂」なんてのがあったことを思えばはるかに品が良い*3。心配せずともブルー&スカイのヘキなら今回もきちんと2本目に織り込まれています。2本目のコントタイトルは3人の欲望とオチの異次元ぶりに思考が引きずられて正直自力で思い出せなかった。4本目もタイトル全然出て来ん。今度テアトロコント等に出る機会あったらかけてみてほしいなーと思います。あんな時間や革命に惹かれる人はきっと少なくないと思う*4。ていうか私もまた見たい。面白くて信じてる人たちが今年も面白くて有難い。ボジョレーとか飲む人もこんな気持ちなのだろうか。

*1:そういう意味では動物園と同じです。

*2:フロム・ニューヨークはいつもコントタイトルを事前に公開しています。

*3:あの公演の、オムニバスコントを繋いだり伏線回収したりする発想に蹴り食らわすような終わり方もとても好きでした。

*4:思い返せば猛烈に小学生だなアレは。