グレートロックンロール関ヶ原2017

氣志團企画、フェス対フェスの対抗戦初日。初めて観た岡崎体育も女王蜂アヴちゃんも格好よくてそれだけでもう得した気持ちになりました。アヴちゃん、持てる個性の全てを使いこなしてキメてくんの凄い。女王蜂はJとのコラボで「J王蜂」名義での参加でしたがJがまた優しそう過ぎてそこも良かったです。岡崎体育のエンターテインメントプリンスぶりも堪能*1。こういう人こそライブで見るのがよろしいな。VAMPARK軍ではOKAMOTO'Sを拝見。ヒップホップ的な手の動きが猫なでる仕草になるの楽しく、オカモトショウののびのびしたMCにハマ・オカモトがそっと一言添えてくるスタイルも素敵でした。MCはやっぱり演者芸風によって全然違うので、そういう意味でもフェスは面白い。氣志團とか*2モー娘。とか*3、そしてグループ魂*4改めて面白かったです。破壊は序盤でステージから一瞬消えて、どうしたのかと思ったら次VAMPSが出る隣のステージまで行っていた。暗いからだと思いますけど待機してるVAMPSファンが誰も見てくれなかったと怒り、その後ことあるごとに彼女たちにアピールしていた*5。いつだってアウェーの空気をほじくり返したい男破壊。振り返って自分の客には「ようババア!」と呼びかける男破壊です。中村屋では何故か冒頭から暴動が岡本太郎になっていて楽しそうだったな。しかし破壊も含め、モーニング娘。OGより後のバンドは皆モー娘に言及していて、天下とったことあるってやはり凄い。sads*6清春のふんわりトークも新鮮でしたしあと何よりギターの人が『TOO YOUNG TO DIE!』に出てきそうな風貌で、途中から指のサインだけでフロアを操るみたいになってたのがめちゃくちゃ面白かったです。神か悪魔のようだった。VAMPSは、遠くから見るHYDEの髪型が若獅子のようでよかったですし*7、最後の最後氣志團がクロージングアクト的な面白出し物を執り行った後にもサングラス姿で駆けつけてくれて客の心をさくっと持って帰ってくのが流石でした。自分たちはもう古いのか、飽きないでくれ、皆何が好きなんだワニマかワンオクかカナブーンか、とうろたえてみせた綾小路翔と好対照。オープニングの煽りVからエンディング迎えた後の出口すぐにあるTSUTAYAのBGMまで、漏れなく楽しませていただきました。

*1:「FRIENDS」で後ろ向いてテッくんに「あら、どうして味方の氣志團にまでそういうこと言う…」て言いかけて「バンドざまあみろ!」にかき消されるシーン、言い草から後ろ姿からすごく好きでした。藤子不二雄漫画的な空気あったよ。彼がかけた呪いの言葉「分割」はその後暫くどのバンド見ているときも思い出されました。

*2:綾小路翔が同じ話何度でも熱入れて新鮮な感情として話せるのプロだなーといつも思う。

*3:MCは基本矢口真里がガンガン進行してて、でも気合い入れて踊り過ぎたのか息切れして「誰か喋って…」と吉澤ひとみにバトンタッチしたことがあったのですが、吉澤が「楽しんでますかー?」「こっちの人は楽しんでますかー?」「後ろの方の人も楽しんでますかー?」の3ターンやっただけで矢口に戻しちゃったのめちゃ面白かった。早いよ吉澤。可愛いよ吉澤。

*4:職務質問」これからやるって時にカヲルとバイト君がハケてフロントが破壊と暴動の二人になったところで暴動が間を潰すのに「脇の二人がいなくなってあなたがそのキラキラした帽子を被ったということは、そろそろ僕が捕まる時間ですね」と徐に破壊に語りかけてて、自らが捕まる未来を知ってる暴動哀しいなって思いました。捕まるつうか職質ですけど。

*5:VAMPSのファン!」「ばんぷすのふぁん!」とただただ呼びかけたりスリッパ飛ばしたり、HYDEとトイレですれ違ったことを自慢したり。

*6:「忘却の空」やらなかったよ。

*7:絵になるよねえ。歌もかっこいいですけど絵だけでもぜんぜん見てられる。