宮藤官九郎のANNG

ゲストに氣志團團長綾小路翔を迎えて来週末に参加するイベントの趣旨を(よくわかってないので)聞く、の回。フェス対フェスのジャンプ的*1、大五郎的*2スーパーヒーロー団体戦のはずだったのに、10-FEETのチームに自分も仲良しのスカパラ藤井フミヤが居ると頭抱える團長。フミヤに至っては明らかに自分の方が仲良い、10-FEETはフミヤに会ったこともないんじゃないかという始末。みんなちゃんと聞いてー!團長の話聞いたげてー! そんな團長の本日のファインプレーは、口で歌うギターソロイントロクイズで咄嗟に出題を任されての第1問が反町隆史の「POISON」だったとこです。ついこないだも小河ドラマ上映時のトークショー反町隆史織田信長には敵わないって話で盛り上がったのだった。小河は宮藤官九郎も見たそうで三宅弘城を大絶賛でしたよ。話は戻ってグレートロックンロール関ヶ原sadsの出演に今頃気づいた宮藤官九郎はまるで一視聴者のように「池袋ウエストゲートパークの曲やってくんねえかな」と呟いていた。やってくれたら出てって一緒に歌いたいと。でもsadsは対戦相手側だ、とやがてイベント趣旨を思い出したのですが、躊躇うなかれ暴動。タイムテーブルでsadsグループ魂は前後で隣り合っているのですよ。綾小路翔はとっくにはからっているのですよ。番組後半はかつての人気コーナー・作詞講座の復活で大いに盛り上がった。本当に楽しそうでした。楽しそうにしながら最近の時事のおもしろトピックスが口の端からもうこぼれ出していたので、ライブが楽しみです。あと今日「暦の上ではディセンバー」かけて歌詞の話したんですけど、サビ前んとこは「おじさんが一生懸命今の若い子の恋愛事情わかってるふりして書いてる感じ」を狙ったと仰っていてそこもニヤニヤした。

*1:キン肉マンとか聖闘士星矢とかのイメージとのこと。

*2:こっちは宮藤官九郎が「昨日の敵は今日の友」つった後に言ったんだけど、大五郎は「昔の友は今も友」なので全然違う。今気づいた。