カルテット

昨日の録画。なんという、地味な。こんなことがドラマ1話ぶんになるんだと、人に聞かせるような話じゃないんじゃないかと。己の反省点で片目瞑ったり、あーこの人は危ないなーみたいなことも考えた。先週マキさんの夫役が宮藤官九郎であると明らかになった際に私が考えたことといえば、それならもたいまさこが息子死んだと思い込んだのも仕方ない*1だったんですけど、で死んではいなかったんですけど、でも死にかねなさあった。なんか、丁度いい言葉がないねえ。好きな人ってのがいるのにな。そして倉庫でも別府さんは別府さんだし病院でも家森さんは家森さんだった。そういやすずめちゃんはどんな気持ちであの話聞いてたんだろうな。

*1:死ぬ役多いから。

広告を非表示にする