ダイナマイト関西2016 予選トーナメント7

配信のオープントーナメント戦は何度か見たけど今シーズン生で観にいくのは初めて。アイウエオ順で舞台に呼び込まれる出場者がインパルス板倉、次長課長・井上、今野浩喜、ザ・ギース高佐…と続くので凄いなー次から次に美しいなと真顔で思う。あと私は今野のバランスのよさから無意識に背を高めに見積もっていたのか、ラバーガール飛永と並んだときに同じくらいの高さでなんかへんな気分になりました。大水のせいだと思う*1POISON GIRL BAND吉田もいたしかなりの面子で、そんな中ニューカマーのハネる様まで目撃できて贅沢な一日でした。ブルーザー永吉、覚えたよ。一発目のパーパットから一瞬にして会場の心を鷲掴んでるのが分かった。個人的には先生がフォークリフトでせり上がってくるやつも好きです。板倉はD関で観るの2回目だけど、声の弱さと言い草がどうにも板倉以外の誰でもないところとか、お題の本筋からちょいヨレてるとこ行ってもずっとやめないしそれで笑わせてるのとか、改めて凄いなと思う。ごはんと魚のやつ素晴らしかったし、解説席・バッファロー吾郎Aのフォローも見事の一言に尽きた。柴田理恵のお題で井上が1ポイント取ったときの今野のフォローに井上が笑ってお礼言ってたのも思い出されます。井上は初戦のスロースターターな様に強豪校の感じバキバキに出ていた。実際優勝でした。今野はその井上に2戦目当たってサドンデスで敗れた。いつもながら憑依系のお題における強さハンパない。それ以外でも「さあ、秋です」は器のデカさが迸る一撃でした。楽しかった。エキシビジョンマッチは最終的に「しょうもない…」て声に出ました。

*1:今日は大水は出てません。