テアトロコント Vol. 11

シゴト帰りに気さくに寄れるの有難い。7時半開演。初日の今日はAマッソ・さらば青春の光・玉田企画・ラブレターズの4組でした。唯一のエンゲキ組である玉田企画は持ち時間まるまるの1本。なんかこう学生時代に見た景色がまざまざと思い出されました。くいしばった歯の隙間でイキーッて笑う感じ。玉田企画の玉田真也がどの人かわからないで見始めたので、あの演出家役の人でよかったよ。自分で喜んでやっているならよろしいよ。あのああいう人をやる稽古を、実際には皆を十分に従えてやっているというパラドクス。いたたまれず長く感じる時間を堪能しましたけど、後から聞いたら実際持ち時間10分もオーバーしてたそうです。なんだよ。一方マキ気味だったのはさらば青春の光だそうで、しかもどこだか長く引っ張ってるとこあったから、さくさくやったらもう1本とかねじ込めたのでしょうか。でもグミの破壊力凄かった。アフタートークでは森田が威勢よく盛り上げ東口がそっと回してて、頼もしいもんでした。Aマッソ初めて生で見たけどやー、見ちゃいますね。逞しい。そんで二人とも改めての可愛さある。加納も勿論かわいいけど村上も凄くかわいいです。どんどん突き放されたい反面最後のラーメン屋みたいなやつ見れるのも楽しい。トリのラブレターズはキレのよさ抜群でした。よく締まってる。構成力と爆発力を鋭く兼ね備えていて格好いい。このままずっとコントやってほしい。キングオブコント決勝では何やるのだろうな。私は麻痺してるほうなのでどれがテレビで良いやつなのかわからない。