真田丸

みんな、安房守だよ! 森の戦神、天才・真田昌幸、完全復活。戦の気配を吸うだけで若返ってゆく。ソレを受ける相手として徳川秀忠はこれ以上ない人選だった。実に面白かったです。本多殿が時間稼ぎの理由に気づく瞬間痺れたな。また父上、コレが初陣の秀忠に戦へのトラウマ植えつけることまで考えていたのである。徹底。その人を頭に、鮮やかに立ち回る真田の者たちがまた実に三谷組らしい顔を見せてくれた。茂誠のあの人柄を最大限生かした格好いいやつあったよね。信繁はまたひと芝居うっているし、真田は本当にいい役者の揃った劇団だと思う。兄上も、三十郎もだよ。それはやっぱり三谷幸喜が座付き作家だからだと思う。作家、これからこの劇団を閉じる物語書くんだ。うわー冷静と情熱。

広告を非表示にする