ラブレターズ60分ライブ『最低、私の言ってる愛じゃない』

前回は平日開催だった60分ライブが土日の3回公演に。新宿のSPACE梟門初めて行きました。60分で終わらせるライブをやることにした理由を語るにあたり溜口はしきりに演劇の長くてつまんないやつを引き合いに毒づいていて、面白いとはいえ長いやつもよく観ている私は「なんかすまん」と思う。面白いやつはいいのか。でも短くて面白いのは確かに格好いい。間違いない。
始まり方からなかなか新鮮でしたし*1、ステージ上でiPhoneのストップウォッチ起動させてカッチリ時間計ってるし*2、ステージ中央に幕間映像用としておなじみ溜口宅のでかいテレビが鎮座している。諸々手作りでやってますってな話で、ネタも発想ひとつ握って走り出すみたいな感じだ。塚本は事故で腰やって衣装の下にがっつりコルセット巻いての熱演で、ネタも入院中に書いたっつってた*3。なのでかわりとゆっくり動いたり座ってたりのコントが多いんかなと思ってたら最後にブッ飛ばしてきた。なんだアレは…隣ではこちらも大熱演の溜口の目線の高さがちょうど我の辺りで、もはや直視できなかった。でもとても楽しかったです。ラブレターズならではの華麗な幕切れだった。ハプニングとしては、幕間映像で同じ映像2回出しちゃったことに途中で気づいて衣装替え途中の演者ふたりがひょこひょこ出てきたのが微笑ましかったです。60分ピッタリで礼して終わりました。

*1:本人たちの演出してない要素が乗っかってさらに。

*2:ももクノにインスパイアされてんかなと思ったり。

*3:病院コントも書いたけど全部却下になったって言っていた。大丈夫だったのかしら。