重版出来!

安井さん、メインの回だけあって顔の歪みもキレキレだ。と思いながら見ていたら、加藤先生のところで怒鳴られて顔上げたとき、同じ歪みだった。あーあのときに歪んだんだ顔。歪むその音まで聞こえるようだったよ。それからずっと歪んでいるのか。神話か昔話のようである。トータルでいろんなように取れるところもだ。休刊の話は寂しかった。そしてそんな寂しいくだりでも五百旗頭さんは美しかった。なぜ貴方だけ少女マンガタッチでいられるんだ。ところで編集部のあちこちに成田メロンヌ先生のポスターやらボードやら見かけるんだけど、「豆は豆でも大きいほうだ」てタイトル抜群に惹かれますな。振り向けばガンジス!