おやすみ日本

昨夜の。もう12回目になるとのこと。先の話ですが次回は夏頃、映画『TOO YOUNG TO DIE!』絡みでやることが決まっているそうです。これは歌ゲストにキラーKという理解でよろしいですか。でも最初から居てほしい気もしますね。と取らぬ狸の皮算用。しかし一度プロモーションおじゃんになった監督を全力応援するかのような意気込みですね、番組と坂井真紀。坂井真紀は途中、映画タイトルをただただ連呼しているだけの時間がありました。口を開けばTOO YOUNG TO DIE、二言目にはTOO YOUNG TO DIE。優しい姉さんであり母さんでした。中盤から登場の峯田和伸はいつもの優しい声で喋っていた。歌はまだリリースされてないやつを聞かせてくれた。ドラマの撮影で睡眠ペースを乱されてるのが相当キツイらしく「もう嫌だー」とハッキリ言ってましたよ。そんな峯田の疲労と裏腹に今回はいいねボタンの押しがやや伸び悩み、3時半頃まで引っ張っての終了。エンディングは峯田が挙げたおすすめ曲にあった「アレアレアラレちゃん」で、峯田やっぱりいい奴だなって思った。職場の同僚のちょっと変わった言動に苛ついてしまうという視聴者のお悩みが紹介された際には、バンドでずっと一緒にいると些細なことに腹立ってしまうことがあったって話をしてくれた。この件はMCの二人も十二分に思い当たる節があって、そこまで込みで楽しかったです。今回の宮藤官九郎は雑魚寝視聴者からの「ユニットバスの正しい入り方がわからない」「お湯と水でひねるとこ分かれてるタイプの蛇口でちょうどいい温度出すのが難しい」というお悩みにかつてないほどの真剣さで答えていた。あと長瀬智也が動画出演で「カッコよすぎると笑っちゃう、といううまく言葉で説明できないやつを監督が皆に伝えてください」というお題を投げてたのもよかったです。又吉はいつもの通り全般良い。昨夜の今田耕司といい彼らの気の配り方、楽しいことへの持っていき方には感服でござんすよ。

広告を非表示にする