真田丸

先週室賀正武があのようなことになってすっかり気持ちが沈み、なんかもう1シーズン終わったみたいな感じになっていた*1のですが、今週はげらげら笑って見てしまった。上杉景勝直江兼続の見事なコンビネーションを堪能。皆すっかり愛着を持ったのではないかと思う。直江の揺るがぬ冷血モードの間に時折差し挟まれる絶妙にぶっきらぼうな語尾のやつ、極上のサンドイッチです。いい役。三谷幸喜はこういうのも巧いんだよなあ。一方徳川では阿茶局も素晴らしかった。この人これからまだまだ楽しみなやつだ。兄上に関してはもはや私、大泉洋の主演映画を観にいきかねません。それは勝手にしろっつう話ですが父上は今日も源二郎を人質にやってよかったとか失敗したとか正反対のことぽんぽん言ってて本当にその場だけのアイデアで喋ってんだなと感心いたしました。

*1:そんなことでは真田についてゆけませぬよ。

広告を非表示にする