真田丸

やはり大河ドラマの父は無敵にして無双。アレは「おとーさあああーーん!」てなる。ずるいよ父上。しかも頭の回転が速すぎて自分で言ったことがなかったことになるんだよ。若いときどんなだったんだ、それとも若い頃はもうちょっと普通だったのかな。それはないか。思考が拘りなく飛躍できる性質は信繁にも受け継がれているようなので、まー信幸がたいへん。からの、信繁もついていけなくなるってのが父の偉大さなのだけど。お兄ちゃんの「どういうおつもりですか」にテレビの前で爆笑したよね。なぜなら同じ気持ちだから。また大泉洋が憮然顏のプロですし。真田兄弟は堺雅人大泉洋が競い合うかのように良くて、役の二人の魅力と二重で嬉しい気持ちになります。第2話の今日は徳川家康の人物像が描かれて、イヤこういうのがまた巧いんだよな。一気に楽しみが増す。歴史に決して詳しくはない私だけどそれでもいろんな気配が伝わってきます。織田方のキリリとした顔つき言葉遣いと小山田の喚きっぷりの対照もわかりやすかった。皆々様流石です。