play

ほりぶん『牛久沼3』

うなぎを巡る死闘ふたたび。3なので正確には三たびですが、私が見るのは第1弾に続いて2回目です。物語としては1の3年後なので時系列では地続き*1。入場にあたってはとうとうチケットという概念がなくなり、受付で整理番号の紙を受け取って入場時に返すという…

Way to 2000 2 MAN SHOW 1996回

ライブ通算2000回を飾るZepp Tokyo公演に向けてニューロティカがひた走るカウントダウンツーマン5番勝負、この日はグループ魂を迎えて。開演5分前に"ブラックロティカ"なる悪い集団がステージに現れ、ひとしきり客を煽って帰っていった。悪さを表現するため…

氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~

2年連続で袖ケ浦へ。今年はもしかして雨に降られないんではないか、なんて思ったけど昼頃細かいのが来ました。舞台の上には東京スカパラダイスオーケストラ。だから楽しいままだった。めちゃ遠くから見ても、音も姿もよく届く。格好いい。スカパラの一員のよ…

阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』

『はたらくおとこ』以来の阿佐スパ、今回もクレジットのトップは中村まこと。あれから今公演までに劇団化したとのことで、色々変化を遂げているということなのだろう、ロビーで長塚圭史や伊達暁がお出迎えのように立っていて「こんにちはー」と声をかけてく…

グループ魂 東京、水入らず

お台場のさらにその先、豊洲Pit。何時間見といたらいいですか。7年ぶりの東京ワンマン、多少余裕を持って着いたのでTシャツを買いました。メンバー7人横一列。いつかパジャマになってなお輝くデザインだと思う。

ナイロン100℃ スペシャルトークライブ

今年の本公演2本を観てメモリアル本1冊を購入した人対象の25周年記念イベント。ロフトプラスワン客席のテーブルを全て取り除きびっしりと椅子を敷きつめることで、応募者500人全員を昼夜2回で収めきった。「微妙な人数だったから。落ちる人のが少ないっての…

ハイバイ『て』

ハイバイの2本立て公演、『夫婦』の翌日に『て』を観ました。こちらはおばあちゃんが亡くなったときの話。

ハイバイ『夫婦』

東京芸術劇場の地下独占、ハイバイの2本立て公演。私は『夫婦』から観ました。お父さんが亡くなったときの話。開演前の前説は初演と同じく岩井役の菅原永二が「岩井です」て名乗って始めて、でも途中でスタンバイに出てきた父役の岩井秀人が「私も岩井です」…

テアトロコント Vol. 29

加藤啓が槙尾ユウスケとユニット組んで鎌田順也の作・演出で登場、と聞いて。他もラブレターズ、テニスコート、トンツカタンという豪華ラインナップでした。カーテンコールのアフタートークでの告知もここの会場のイベントのものが多く、ズブズブも感じさせ…

INU-KERA Vol. 61

ロフトプラスワンの前で入場を待っていてももうちっとも暑くない。まだ早いとは思いつつ一旦気分は夏の終わりだ。イヌケラお二人の話もそんなところから始まって、夏好きの犬山イヌコが寂しがっていた。特別メニューに入っていたネクターカルピスを折角だか…

新感線☆RS『メタルマクベス』disc1

回転劇場シーズン2、メタルマクベス。新感線は来年日本各地を回るツアーを発表しているので、シーズン3はないのかな。誰かほかの人たちがここで回るのかな。なんて思いつつそんなに深くは考えておりませんで。わりと前の方の席だったのでめちゃくちゃ目が忙…

ロロ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校『グッド・モーニング』

こないだ卒業式シーズンだった早稲田はいまオーキャンシーズン。意味なく微笑みながら、或いは暑さにヘラヘラしながらどらま館へと歩いた。帰りの出口にはいつもの脚注ペーパーと一緒に塩タブレットも「ご自由にお取りください」と置かれていてロロやさしい…

爆笑問題30周年記念単独ライブ『O2-T1』

めちゃくちゃいい席だった。収録用カメラと同じかそれよりちょっと舞台に近いくらいの目線。タイタンライブも映画館でしか観たことないのにいいのだろうかなんてちょっと恐縮してしまう。会場はどのフロアにも関係者からのお祝い花が溢れかえっていた。爆笑…

ナカゴー『まだ出会っていないだけ』

ナカゴーが下北沢にやってきた。台風より早く。観終えて劇場を出たら土砂降りでした。駅の出口が遠い。開演前、客入れのスタッフさんがお手洗いのご案内するのに「まだ本編は始まっていませんので」てわざわざ言っていてつい笑ってしまった。

ナイロン100℃『睾丸』

「睾」って字、他に使われることあるんだろうか。初めてこの漢字をまじまじと見つめながら、東京芸術劇場のナイロン100℃本公演へ。ハコの大きさとか椅子並べてる感じとか、シアターイーストとウエストは小劇場を観る気分になれる。

デルタホース

ハライチ×さらば青春の光×相席スタートの新ネタライブ、初めてチケットが取れた。1分経たずに即完だったとの話もあり、確か私は今回それより後に取れたので本当にラッキーだったのだと思う。ライブは暗転とマーチングな太鼓から始まり、上手から現れる6人の…

ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』

久しぶりに訪れるたび新鮮に驚くCBGK座席間インターバルの狭さ。私にできるのは深く腰掛けることだけだ。ジョンソン&ジャクソン&いとうせいこう&池谷のぶえ+菊池明明、ニューレッスン。この日はアフタートークもあり告知ではJ&Jといとうせいこうとなって…

『ニンゲン御破算』

松尾スズキ×中村勘九郎*1で話題を呼んだ御破産が御破算になって帰ってきた。阿部サダヲが灰次から実之介へ、ちょっと前ならハリコナからダイズ丸へ、松尾スズキワークスの中で立ち位置を変えてゆくのを見ていくのが、思い入れのぶん不思議な感覚もありつつ、…

テクノコントVol.1『mellow Yellow Magic Orchestra』

ユーロライブの新企画、テクノロジー×コント公演。出演者にラブレターズの名前があったので興味を持ちました。男性ブランコも生で見るのは初めてだけどちょっと気になってた。シゴトをわたわたと終わらせて金曜の初日、完売御礼の客席に滑り込みスマホの電源…

コクーン歌舞伎『切られの与三』

幕開いてから数日後にラジオで中村七之助のインタビュー聞いて、そうだチケット取っていなかったと探したら、その週末で前の方にぽっかり一席空いてる回があってそこを買った。このくらいでチケット取れるの一番いいなとちょっと思う。そのインタビューで七…

ナカゴー特別劇場『まだ気づいていないだけ』

ナカゴーがまたひとつ新しい劇場を教えてくれた、その名もムーブ町屋ハイビジョンルーム。ムーブ町屋は駅直結だし地下に食べるところいっぱい付いてるしで至れり尽くせりです。ハイビジョンルームは4階にあって、同じフロアにギャラリーもあるのだけど今日は…

爆笑問題 with タイタンシネマライブ #52

当日の朝になって急にチケット取り、開園直前にお茶とポテト持って客席に滑り込んだ。エンディングのトークでラブレターズが3年くらいぶりに呼ばれたと言っていたけれど、私が観にくるのもその時以来だろうか。同じ話をしていたので思い出しました。エンディ…

ナイロン100℃『百年の秘密』

駅の南口が消えてから初めて来る下北沢。方々でお知らせされていたのでさほど不便は感じませんでした。劇団の25周年記念本「SILLY WORKS」を購入して席に着く。重くて大きい、しかしでけえカバンを持ってきているから大丈夫。あのナイロン100℃の記念本たらそ…

劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極』

去年の夏以来に訪れる、IHIステージアラウンド東京。初めて行ったときはトイレの行列に度肝を抜かれましたが、今日は早めに着いたせいかスルリと入れました。いざアナザー髑髏城。

ロロ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 Vol.5『いつだって窓際でぼくたち』

桜があちこちでワッサと咲いているけど今日は花見には行かない。卒業式ムード満開の早稲田、どらま館で久しぶりのいつ高。花火を見にいかないで日の暮れなずむ校舎にいる男子4人のお話。

『さらば!あぶない刑事にヨロシク』

下北沢駅にはまもなく南口が閉鎖されることが張り紙で告知されていて、次来るのは4月なのでこれで最後だなあと思う。さらば南口。『あぶない刑事』ではないシリーズ第2弾、あの座組に河原雅彦を役者として迎えて。

ほりぶん『荒川さんが来る、来た』

『得て』以来の阿佐ヶ谷アルシェ。開演前、前回はホラーと銘打たれてるが故もあっての緊張感で座っていたけど、今回も舞台上のテーブルやイスを見ているだけで既にスリルを感じていた。だってほりぶんですよ。嵐を待つ夜の気分とそう変わらない。

フロム・ニューヨーク『サソリ退治に使う棒』

フロム・ニューヨークmeetsテニスコート+吉増裕士。コント集のスタイルも取っ払って予告通りのワンストーリーです。各席に置かれたご挨拶の紙にブルー&スカイは、サソリは退治しないことにしたと詫びを述べていた。

ハイバイ『ヒッキー・ソトニデテミターノ』

再演、東京芸術劇場にて。初演は渋谷のPARCO劇場で、私が初めて観た岩井秀人作品だった。観たあとまっすぐ帰れなくて喫茶店でコーヒー飲んで、一週間後にもう一度観にいった。いい思い出です。あのとき顔と名前を完全に覚えた役者さんのひとり古舘寛治、本日…

RooTS Vol.05『秘密の花園』

今年の芝居一発目は唐十郎×福原充則。そういえば去年の観劇初めも柄本佑が出ていた。第2幕の前に係員が前方席の客にビニールシートを配っていて、私は「ああ福原演出だからな」と思ったけど近くに座っていたおじさん二人連れは「唐十郎だもんな」と言ってい…