グレイテスト・ショーマン

楽曲力と人間力凄い。ミュージカル映画はそういうもんかもですが、にしても歌とショーの牽引力が凄まじかったです。圧巻をこんな風に連打できるものかね。ほんと吹っ飛ばされるような威力がある。象で殴られるかの如し。象が出てくるのもあってそんな感想を持ちましたけど、持った直後に映画が「そうですけど何か」て相槌うつかのような演出かましてきたのでちょっと嬉しくなりました。すげーなヒュー・ジャックマン。ヒューとザック・エフロンのかけあいソングめちゃ楽しかったです。物語は泥の深みに足を取られない速さで駆け抜けていき、その軽やかさ故にか、ショーにおいて楽しさや感動こそが正義で全てだとすることの美しさと危うさについて頭の片隅で考えていたりもするのだった。
http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/

宮藤官九郎のANNG

ゲスト松坂桃李、出てきて早々に下半身の話。映画『娼年』のせいです。MC宮藤官九郎は朝から娘の入学式にも行かずその映画見て大興奮、なんなら松坂桃李になりたいかもってくらいに憧れていた。映画の内容あんまり説明しないままに「あれ凄かったよねえ」とかずっと話してんの悪くなかったな。近況フリートークでは、コップを落として割ったガラスの破片踏んで流血したり、旅先で釣りしたり、知らぬ間に阿部サダヲが実家の文具屋を訪れていたり*1、もうすぐ三宅ロックフェスティバルなのに当の三宅が舞台本番中のため心ここに在らずだったり、『さらば!あぶない刑事にヨロシク』で肉離れ起こした皆川猿時がメールの返事すごく早かったりなんてことを話していました。最後の話聞いて、皆川猿時がラスト全然ジャンプしなかったの急に思い出さされた。

*1:お母様から「阿部サダヲに会えなかった!」てメールが届いて知ったそうです。お姉様が会ったとのこと。

広告を非表示にする

僕のヒーローアカデミア 18

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)
大きな代償を払って、死穢八斎会編完結。「未来は不確か」と「未来は約束されてる」ていう矛盾した二つの両方を都合よく信じていいことばかり期待してしまう私だ。失ってしまった現在に立ち尽くしてどんなに「過去しかない」と思えるときも、未来しかない。あと、カジキここで出てきた!てなりました。敵連合との闘いの前に割って入ってきた形になった治崎だけど、彼もまた彼なりの論理を持ってた。この作品の敵達はずっとそうだ。そして仮免講習、サーが願った通りユーモアに溢れる日々が紡がれていく。ケミィこんな子だったんですねーヤバ驚嘆。彼ら自身コミュニケーションが一筋縄でいかないタイプの人たちなので子ども相手に働きかける様はそれだけで興味深かったし、マイクとエンデヴァーの描き込み常に素晴らしいのニコニコしました。轟君の表情もよかった。飯田君今回もいい。応援イラストに兄弟で登場しててそこはちょっと泣きそうになりました。そしてカバーの折り返しにいるギャングオルカいやサカマタさんが放つ言葉に笑った。いいのか。いいんだな。いい事だ。次巻は文化祭だそうです。

劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極』

去年の夏以来に訪れる、IHIステージアラウンド東京。初めて行ったときはトイレの行列に度肝を抜かれましたが、今日は早めに着いたせいかスルリと入れました。いざアナザー髑髏城。

続きを読む

ロロ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 Vol.5『いつだって窓際でぼくたち』

桜があちこちでワッサと咲いているけど今日は花見には行かない。卒業式ムード満開の早稲田、どらま館で久しぶりのいつ高。花火を見にいかないで日の暮れなずむ校舎にいる男子4人のお話。

続きを読む

おやすみ日本

レギュラー化記念の縮小体制スペシャル。ゲストのピエール瀧が子どもの謝恩会のため遅刻、そのため通常なら中盤で登場する歌ゲスト、サカナクション山口一郎が早々に出てきて歌も1曲歌ってくれた。友達の藤原ヒロシまで呼んでくれた。藤原ヒロシは結構気さくで、お悩み相談にものびのび答えてくれていた。山口一郎は山口一郎で、1時半頃アコースティックでがっつり歌った直後に恥ずかしさのあまり「だははは!」て笑って土下寝するチャーミングな人だった。そんな場においてピエール瀧は寧ろ落ち着いて時に頼もしくすら見えるのであった。遅刻してきたにもかかわらずです。「ラジオでよくない?」はほんとそう。わりかしコンパクトに終わってくださって、このくらいだと月イチつき合いやすい。エゾモモンガのフィラー映像、「ひょっこり」括りの映像だとことわってあるのに、顔を出したモモンガが飛ぶのに期待して「ああ〜」とか失望する帽子やメガネやロン毛のおじさん達であった。

広告を非表示にする

『さらば!あぶない刑事にヨロシク』

下北沢駅にはまもなく南口が閉鎖されることが張り紙で告知されていて、次来るのは4月なのでこれで最後だなあと思う。さらば南口。『あぶない刑事』ではないシリーズ第2弾、あの座組に河原雅彦を役者として迎えて。

続きを読む